体操競技に多いスポーツ外傷

【体操競技で多いスポーツ外傷

・捻挫、靭帯損傷、骨折、脱臼などの急性の外傷。

急性と亜急性の違い

体操競技では男子では跳馬、鉄棒、平行棒、ゆか、あん馬、吊り輪、女子では平均台、跳馬、段違い平行棒、ゆかなどの種目があり跳馬やゆかなどでは着地する時に足関節捻挫や膝半月板や側副靭帯の損傷などがあります。

ケガを部位別で見てみると1位が足首で30%、2位が手関節で16%、3位が腰痛症で14%で足首のケガが最も多いです。急性のケガが全体の60%で使いすぎや筋損傷は40%で急性のケガが多く締めています。

特に多い急性のケガ

跳馬やゆかなどでは跳躍した後に着地する時にバランスを崩してしてしまった場合に体重の負荷が足首や膝などにかかり関節を固定している靭帯組織や半月板などにかかる事で本来動きを制限している組織が損傷します。

鉄棒や平行棒やあん馬や吊り輪などではTFCC損傷や肘の内側側副靭帯損傷が多く発生します。TFCCとは三角繊維軟骨複合体と言って手首にあるクッションの役割を果たす軟骨組織で膝の半月板の様な役割をしています。肘は着地などで肘を伸ばした状態でついてしまった時に肘が過伸展することで肘が外反してしまい肘内側の靭帯が伸ばされる力が働いて損傷してしまいます。

骨折では着地動作での脛骨や腓骨など下腿部の骨折や足の舟状骨や中節骨や、転倒して肩から落ちた時は鎖骨骨折や上腕骨骨折、手をついてしまった時はコーレス骨折などが発生します。

【特に多い亜急性のケガ】

身体の捻りや着地など繰り返しの衝撃により腰痛症が多く発生します。着地動作は背骨に対して圧迫力や捻転力が加わる事によって腰椎のすべり症や椎間板ヘルニアになる事もあります。肩関節では腱板損傷やルーズショルダーなどで肩関節の動きで痛くなったり動かしたときに関節が外れてしまいそうな不安を感じる事があります。足ではふくらはぎの筋肉を酷使する事によってアキレス腱炎やジャンプなどの跳躍を繰り返し行う事によってシンスプリントや脛骨の疲労骨折などがあります。

 

 

体操競技をしていてこんなことはありませんか?

  • 着地動作の時に足首が痛くなる事がある
  • ゆかや台などに手を着いた時に手首が痛い時がある
  • 膝を曲げ伸ばしした時に膝がパキパキと音が鳴る
  • 腰に痛みや足にシビレが出る

 

上記に書いてあることでお悩みの方は一度江戸川台駅前整骨院にお越しください!

お問合せ・ご予約はこちら

お問合せ・ご予約は、お電話にて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

080-3717-6310

受付:平日AM9:00~12:30/PM15:00~20:30迄

土曜日18:30迄 

日祝(完全予約制)9:00~15:30迄

水曜日:定休日

江戸川台駅前整骨院/江戸川台駅前鍼灸院

TEL:080-3717-6310

住所:千葉県流山市江戸川台東2-24正木ビル1F

アクセス方法の詳細はコチラ

友だち追加

院長プロフィール

院長 會澤
資格
  • 柔道整復師(国家資格)
  • 臨床実習指導者(柔道整復師)

営業時間

営業日
 
午前
午後
営業時間

午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:30

土は18:30分迄
日は9:00~16:00迄

休業日

水曜日

08037176310

新着最新情報

平成31年1月

捻挫に対する江戸川台駅前整骨院の固定動画をアップしました。

新鍼灸メニュー

江戸川台駅前鍼灸院完全オリジナル鍼灸メニューを始めました。
骨盤矯正をはり治療を組み合わせたオリジナルメニューになっています。