野球に多いスポーツ外傷

 

【野球で多いスポーツ外傷

・肩関節の関節唇損傷、肘側副靭帯損傷、インピンジメント症候群、腱板損傷、野球肘、TFCC損傷、腰部椎間板ヘルニア、足関節捻挫

急性と亜急性の違い

野球では繰り返しの投球動作による亜急性の症状が多く出現して肩関節を最も酷使する事が多く関節唇損傷、インピンジメント症候群、腱板損傷などがあります。急性の症状ではスライディングなどの時に足関節捻挫や手をついてのTFCC損傷があります。

特に多い急性のケガ

野球では急性のケガで多いのはスライディングの際に足関節が巻き込まれる形で捻挫したり地面に対して手をついたときに手関節から前腕部にかけてねじれるように外力が加わり三角繊維軟骨(TFCC)という関節円板がありクッションの役割を果たしていますがそれが損傷してしまいます。手首の安定性に関係しているので損傷すると手首の不安定感や動かしたときの痛みが発生してプレーに支障をきたします。

【特に多い慢性のケガ】

野球では投球動作が多い為一番ケガが多いのは肩や肘などに集中しやすく、繰り返しの投球動作によって肩関節の回旋筋腱板(ローテーターカフ)という肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋などのインナーマッスルが損傷してしまいます。一番肩関節の構造上ストレスを受けやすい筋肉は棘上筋で安静にしている状態でも腕の重さによる負荷が加わっていたり肩関節のオーバーユースによって肩峰下、烏口肩峰靭帯と触れ合うことで摩擦が発生して炎症や筋損傷を繰り返すことで肩の動作痛や可動域制限が起こってしまいます。

似たような症状ではインピンジメント症候群があり腱板や肩峰下滑液包が投球動作の際に肩峰や烏口突起などに繰り返し衝突することで炎症や変形などが発生する。投球動作のコッキング期という肩関節が最大外旋位から内旋に向かうときに最も摩擦が起きて発生しやすく他にはバレーボールのスパイク動作やバドミントンのスマッシュや水泳のバタフライも同じように症状が出やすいです。

次いで多いのは肘のケガでよく皆さんが聞くのは野球肘ではないでしょうか。

野球肘とは肘の内側の内側上顆炎という前腕の回内筋や内側側副靭帯損傷などがあり、骨が引っ張られることにより裂離骨折などを併発することがあり筋肉や靭帯などによって転移して骨片が関節内に留まることで、関節の違和感や動作痛や動きの制限などを引き起こしその後の復帰が厳しくなってしまうこともあるので早いうちにレントゲンを撮ることをおすすめします。骨折している場合は骨が治癒するまで関節の固定及び安静を徹底しましょう。裂離骨折は骨が完全に成長していない状態で起こることが多く、小学生では骨の末端が仮の骨なのでもろい状態ですが大人の骨折と比べると治癒速度がとてつもなく早く多少のズレでも自家強制力によって正しい位置に戻ります。

【痛みが出ているときにはどうする?】

基本的に急性のケガは患部をサポーターや包帯などで固定した状態で安静にすることが望ましく患部に腫れや熱を感じたらしっかりと冷やしましょう。患部の痛みが鋭い場合や近くの骨を軽く叩いてみて響く痛みがあれば骨折などの疑いもある為一度レントゲンを撮りどこの骨に骨折が起こっているか自分自身で確認することも大事ですね。

慢性的な痛みに関してはストレッチで関節と筋肉の動きを良くして患部の痛みを和らげたり、テーピングやサポーターを利用して患部への負担を減らすことでプレーがしやすくなります。

 

野球していてこんなことはありませんか?

  • 投球動作の時に肩に痛みがある
  • 投球動作の時に肘に痛みがある
  • スライディングした後から足首が痛い
  • バッティングする時に腰が痛い
  • ボールをキャッチする時に手首に痛みがある

 

上記に書いてあることでお悩みの方は一度江戸川台駅前整骨院にお越しください!

右の画像は過度な投球動作の繰り返しによって肩の外転動作の可動域制限と痛みが発生しています。

おそらく棘上筋の炎症が発生していると思われるので肩関節外転動作の補助筋の三角筋にテーピングを行いました。

疼痛は完全消失しないものの可動域の改善と疼痛緩和したそうです。

テーピングには筋肉の動きをサポートしてくれる役割もあります。

お問合せ・ご予約はこちら

お問合せ・ご予約は、お電話にて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

080-3717-6310

受付:平日AM9:00~12:30/PM15:00~20:30迄

土曜日18:30迄 

日祝(完全予約制)9:00~15:30迄

水曜日:定休日

江戸川台駅前整骨院/江戸川台駅前鍼灸院

TEL:080-3717-6310

住所:千葉県流山市江戸川台東2-24正木ビル1F

アクセス方法の詳細はコチラ

友だち追加

院長プロフィール

院長 會澤
資格
  • 柔道整復師(国家資格)
  • 臨床実習指導者(柔道整復師)

営業時間

営業日
 
午前
午後
営業時間

午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:30

土は18:30分迄
日は9:00~16:00迄

休業日

水曜日

08037176310

新着最新情報

平成31年1月

捻挫に対する江戸川台駅前整骨院の固定動画をアップしました。

新鍼灸メニュー

江戸川台駅前鍼灸院完全オリジナル鍼灸メニューを始めました。
骨盤矯正をはり治療を組み合わせたオリジナルメニューになっています。