ブログ令和5年3月

3/25(土)  ・四十肩、五十肩

こんにちは。

今日は四十肩や五十肩について書いていきます。

40~50代で発生することから四十肩や五十肩と呼ばれますが正式には肩関節周囲炎と呼ばれることが多く原因では腱板損傷や上腕二頭筋長頭腱炎や肩峰下滑液包炎などがあります。

初期では炎症が発生して激しい痛みと患部の熱感や腫れ、夜間痛や動作痛などが激しく出現する為この時期は無理に動かさずに安静にした方が良いです。

しばらくすると激しい痛みが緩和しますが関節の可動範囲が著しく狭くなって関節拘縮によって動かなくなってしまいます。自分の動かせる範囲外まで動かすと痛みが出ます。この時期から少しづつ動かしていかないと肩関節の動きが悪いままだと痛みがいつまで経っても緩和しなくなってしまいます。

関節のストレッチや筋肉をマッサージや電気を行う事で関節の可動域の回復や痛みの軽減できます。

3/24(金)  ・骨折、脱臼について

こんにちは。

今日は骨折と脱臼について書いていきます。

骨折や脱臼は整骨院では応急処置のみ認められていますがその後のリハビリなどで通いたい場合は医師の同意が必要になります。

病院などでギプス固定をした後にリハビリの提案をされる場合は良いのですが特に提案がなかったり、時間の都合上通院する事が出来ない場合は整骨院で後療法を行う事が出来ます。

整骨院ではマッサージや電気やストレッチやテーピングなどの施術を受ける事が出来ます。医師の同意が得られない場合は保険を使う事が出来なくなるので自費になってしまいます。保険請求の際に必要な情報は病院名と医師の名前と同意を得た日付などが必要になり口頭での同意でも大丈夫です。

病院が近かったりや遅くまで営業している自分が通いやすい所へ通うのが良いと思います。

 

3/17(金)  ・肉離れ

こんにちは。

今日は肉離れについて書いていきます。

肉離れはその名の通り動き始めや動いている最中に筋肉が皮膚の下で切れてしまい断裂音や内出血や腫脹が発生して激しい痛みが発生します。肉離れをしてしまったら大事な事はアイシング、圧迫、挙上、安静にすることです。患部を圧迫しながらアイシングして可能であれば心臓よりも高い位置で保持する事で腫れを緩和できます。

軽い肉離れであれば歩くことが出来ますが症状が強いと地面に足を着くことが困難になりますのでちぎれてしまった組織を離れない様に圧迫固定が必要です。

症状が軽くてもほったらかしてしまうといつまで経っても痛みが緩和せずに運動や日常生活でのストレスになってしまいますので軽い症状でも固定をしましょう。

整骨院では患部に超音波を掛ける事で傷ついた軟部組織の修復を早めることが見込めますので治癒期間を何もしないときと比較すると早くなります。

スポーツをやっている方がなりやすいので運動をする前には体をストレッチしたり動かしたりしてウォーミングアップをしっかりと行うようにしましょう。

 

お問合せ・ご予約はこちら

お問合せ・ご予約は、お電話にて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

080-3717-6310

受付:平日AM9:00~12:30/PM15:00~20:30迄

土曜日18:30迄 

日祝(完全予約制)9:00~15:30迄

水曜日:定休日

江戸川台駅前整骨院/江戸川台駅前鍼灸院

TEL:080-3717-6310

住所:千葉県流山市江戸川台東2-24正木ビル1F

アクセス方法の詳細はコチラ

友だち追加

院長プロフィール

院長 會澤
資格
  • 柔道整復師(国家資格)
  • 臨床実習指導者(柔道整復師)

営業時間

営業日
 
午前
午後
営業時間

午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:30

土曜日は、18:30分迄
日曜日は、9:00~16:00迄

定休日

水曜日

08037176310

ご紹介先医療機関