江戸川台駅前整骨院のブログ 令和元年 12月

12/27(金) ・股関節の痛み

こんにちは!

 

今日は股関節の痛みについて書きます。

 

股関節の痛みの原因になるのは変形性股関節症や臼蓋形成不全や大腿骨頭壊死などがあります。

臼蓋形成不全とは大腿骨頭が関節にはまり込むスペースが発育不全や遺伝などによって通常よりも狭くなってしまいます。

股関節は歩行や運動時に負荷が掛かります。臼蓋形成不全のまま生活しているとそのまま関節に負荷が加わり変形性股関節症になります。

そうなってしまうと動く度に痛みがでたりします。

変形してしまった関節は二度と元の状態には戻らないので手術をして変形してしまった関節や大腿骨を人工の関節を新たに作ることで歩行することが出来ることになります。

大腿骨頭壊死は原因は不明ですが大量の飲酒やステロイド剤などの摂取により大腿骨頭は関節軟骨に覆われているためにほかの体の場所と比べて血流障害が起きやすいです。

痛みがある場合は早めにレントゲンなどを確認して痛みの原因を突き止めましょう。

 

骨や関節に問題がない場合は筋肉が原因の事があるのでマッサージや電気治療などで筋肉の緊張をほぐすことで痛みを和らげることが出来ます。

 

12/22(日) ・足の痛み

こんにちは!

今日は足の痛みについて書きます。

足の痛みの原因になるのは外反母趾や内反小趾や偏平足、足底筋膜炎、捻挫などがあります。

 

外反母趾や内反小趾や偏平足などは足の裏の筋力が低下して骨が変形することで歩く時に擦れたりぶつかる事で痛みが起こります。

重度の骨の変形だと元通りにするのは難しく外科的な処置が必要になります。

普段運動不足の人は足の裏の筋肉を鍛えるためにタオルなどを床において指で手繰り寄せるトレーニングを行い鍛えましょう。

 

ランニングなどで走り過ぎたりすると足に疲労が溜まって炎症が起こります。

シンスプリントや足底筋膜炎になると骨をひっぱり炎症がでますので、運動をよく行う人は少し安静にしてアイシングをしましょう。

 

捻挫はアイシングしてしっかりと関節を動かないように固定してしまえば歩くことも可能になります。

ただ固定しないまま日常生活を過ごしているとまったく痛みが引かず慢性化してしまうので早めに固定してしまいましょう。

12/20(金) ・手首の痛み

こんにちは!

今日は手首の痛みについて書いていきます。

手首の痛みは急性と慢性的なものがあって、手首をついたり捻ったりした時は靭帯や骨や関節に負荷が加わるものが多く骨折や脱臼を伴うこともありますので一度整形外科などでレントゲンをとり確認しましょう。

 

仕事やスポーツなどで手首を繰り返し使うことにより腱が分厚くなって正中神経を圧迫してしまうことで人差し指と中指が痺れたり親指の筋肉が萎縮してOKサインが出来なくなる手根管症候群があります。

 

子育てで手首を酷使する女性やパソコンやスマホなどで指を酷使することが多いと親指の長母指外転筋腱と短母指伸筋腱が腱鞘というトンネルを通るのですが腱が分厚くなってしまいトンネルを通るときに引っ掛かり摩擦が強くなることによってドゲルバン病になります。

 

手根管症候群やドケルバン病になってしまうと安静にしたり包帯やテーピングをする事によって症状が良くなりますので薬局やスポーツショップなどにもサポーターが売ってますので痛みが強い方は使ってみてください!

12/17(火) ・首の痛み

こんばんは!

今日は首の痛みについて書いていきます。

首の痛みは椎間板ヘルニアや頚椎症や寝違いなどが主な原因となります。

ヘルニアは関節と関節の間にあるクッションが圧迫されて飛び出してしまいます。飛び出した椎間板が神経に触れてしまうと、体の片側へのしびれや脱力感などが出ます。

 

頚椎症はヘルニアと似ていますが少し違いがあります。

頚椎症では加齢による骨や人体の退行性変化でもろくなったり変形したりすることによって脊髄神経自体を圧迫してしまうので両方の手足などにしびれや運動障害が起こります。

 

寝違えは長時間寝返り動作をしていなかったり変な体制で寝ていると筋肉や関節に負担がかかり起きた後に痛みが強くでます。

 

痛みが強いときはシップやアイシングをしましょう!

12/10(火) ・膝の痛み 

こんにちは!

今日は膝の痛みについて書いていきます。

膝の痛みで多いのが変形性膝関節症です。

膝の軟骨は運動や日常生活やスポーツなどで徐々にすり減っていきます。

関節軟骨は一度減り始めると血管やリンパ管などがない為に再生するのは難しいと言われています。

軟骨に傷がつくと関節内で内出血が起こり膝の関節に水が溜まって腫れあがります。

軟骨がすり減りなくなってしまうと骨と骨がぶつかってしまい激しい痛みを伴います。

内側と外側の関節のバランスが失われるため膝に変形が起きます。

この段階まで行ってしまうともう手術以外には方法は無くなってしまう為、膝の初期症状を見逃さないようにしましょう

膝の曲げ伸ばしでのひっかかり感や痛みや違和感を感じたら早めに病院や治療院で診てもらってください。

他にはスポーツでの靭帯損傷があります。

人間の関節には靭帯がくっついていてこれがあることによって関節の動きを制限しています。

制限がなくなってしまうと関節はどこまでも動いてしまい脱臼してしまいます。

しかし運動しているときなどに外力が体に加わり本来なら動くことがない可動範囲まで動いてしまうと靭帯や骨や筋肉などが損傷します。

 

膝の場合は前十字靭帯や後十字靭帯や内側外側側副靭帯や関節軟骨の内側半月板や外側半月板などを痛めることが多いです。

これらを痛めると膝がパンパンに腫れあがり患部に激しい痛みを伴います。

外傷の基本は安静、圧迫、アイシング、挙上になりますので忘れずに行いましょう。

12/7(土) ・ぎっくり腰

こんにちは!

今日も一段と冷え込みますね。予報ではもしかしたら関東でも雪が降るかもなんていっていましたね!

寒くなることで運動量が低下して筋肉や関節が固くなり血流が悪くなりやすく、冬はぎっくり腰が起きやすいです。

特に年末の大掃除の時には重いものを持つときに前かがみになったときは腰に大きな負担がかかりますので注意が必要です。

重いものを持つときやしゃがむ時には膝を曲げてももの後ろやおしりの筋肉を使って持ち上げるように意識すると良いでしょう。

 

ぎっくり腰になった時には1日目は安静にしていていいのですがずっと安静にしているよりも普通に生活しているほうが治るのが早いという結果が出ています。

安静にしていると痛みが引くまで7日くらいかかると言われていますが痛み止めを飲んで普通に生活した状態だと4~5日で痛みが引くと言われています。

コルセットを持っている人は巻くことで腹圧をあげて腰椎の安定性を高めますので、着用しましょう。

 

12/3(火) ・四十肩・五十肩

こんにちは!

今日は四十肩、五十肩について書いていきます。

正式名称は肩関節周囲炎と言って肩関節にカルシウムなどが付着して肩関節の動きが悪くなったり痛みが出ます。

症状がひどい人は夜などに体が冷えてくると痛みが強くなり眠れなくなるほどの激痛を伴うこともあります。

整形外科などに行っても注射をして痛みを緩和するなどの方法がありますがあまりお勧めはしません。

自分の体の自己治癒力をあげて治すほうが再発しづらい為、はり治療やマッサージや電気治療などが効果的です。

 

四十肩、五十肩の初期症状は肩の可動域が狭くなってくるところから始まります。

肩を横から上げていき耳の後ろに本来ならくっつくのですが関節や筋肉が固い人は徐々に上がらなくなってきます。

関節が固くなった後は痛みが少しづつ出るようになります。

放っておくと洋服を脱いだり着たりするのも困難になり生活に支障をきたしてきます。

初期症状の出ている段階であれば治療することで改善するのが早くなりますのでめんどくさがらずに自分の体と真剣に向き合いましょう。

 

12/2(月) ・イベント情報

こんにちは!

今年も残り1ヶ月を切りましたね。

整骨院は年内は12/31(火)まで営業しています。

12月は13日(金)31日(火)にくじ引きイベントを行います。

24日はクリスマスイベントを行います。

何が起こるかは来てみてのお楽しみに(*^^*)

26~31日まで年末大抽選会の抽選券をお配りします!

割引券や回数券やフリーパスや商品などを用意していますので皆様奮ってご参加ください。

年明けに抽選番号を発表しますのでお楽しみにしていてください。

 

あと今年も残り少ないですが元気に診療していますので皆様よろしくお願いいたします。

 

お問合せ・ご予約はこちら

お問合せ・ご予約は、お電話にて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

04-7197-6310

受付:平日AM9:00~12:30/PM15:00~20:30迄

土曜日18:30迄 

日祝(完全予約制)9:00~15:30迄

水曜日:定休日

江戸川台駅前整骨院/江戸川台駅前鍼灸院

TEL:04-7197-6310

住所:千葉県流山市江戸川台東2-24正木ビル1F

アクセス方法の詳細はコチラ

院長プロフィール

院長 會澤
資格
  • 柔道整復師(国家資格)
  • 臨床実習指導者(柔道整復)

営業時間

営業日
 
午前
午後
営業時間

午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:30

土は18:30分迄
日は9:00~16:00迄

休業日

水曜日

04-7197-6310

新着最新情報

平成31年1月

捻挫に対する江戸川台駅前整骨院の固定動画をアップしました。

新鍼灸メニュー

江戸川台駅前鍼灸院完全オリジナル鍼灸メニューを始めました。
骨盤矯正をはり治療を組み合わせたオリジナルメニューになっています。